【声がそっくり】尾崎裕也が尾崎豊と似てる動画4選!I LOVE YOUからオリジナル曲まで

芸能
スポンサーリンク

尾崎豊さんといえば26歳で亡くなったものの今もなお根強いファンがいる伝説のアーティスト。

そんな尾崎豊さんが唯一残した息子、尾崎裕哉さんが注目を集めています。

尾崎裕哉さんは尾崎豊さんの曲をカバーしていますが、血が繋がっているだけあってとにかく歌声が似ているんですね。

今回は、『 【声がそっくり】尾崎裕也が尾崎豊と似てる動画4選!I LOVE YOUからオリジナル曲まで』と題してまとめました。

それでは早速みていきましょう。

スポンサーリンク

【声がそっくり】尾崎雄哉がカバーする尾崎豊の『I LOVE YOU』

尾崎豊さんの名曲といえば、『I LOVE YOU』を一番に上げる人は多いのではないのでしょうか。

まずはこちらの動画をご覧ください。

再生ボタンを押すと動画が流れますが、少々画像が粗いのはお許しください。

これは2008年に撮影されたものですから、尾崎雄哉さんが19歳の頃に歌っていたものとなります。

正直、本当に尾崎豊さんが歌っているのではないかと思うくらいのクオリティで、思わず鳥肌が立ちました。

『声がそっくりで似てる』というようなレベルではなく、 尾崎豊さんのような魂の乗った歌声に感動された方もたくさんいたでしょう。

比較として、尾崎豊さんの本物の動画をご覧ください。

超有名人の2世となると“親の七光りだ”と叩かれることも少なくないこの世界ですが、圧倒的な才能でたくさんの感動を巻き起こしている尾崎雄哉さん。

余談ではありますが、尾崎雄哉さんが母親の尾崎繁美さんのお腹の中にいた頃、尾崎豊さんが胎教にと聞かせていたのがこの『I LOVE YOU』でした。

尾崎裕哉さんは『I LOVE YOU』を聴くとよく動いたそうです。

 裕哉が尾崎と妻・Aさんの間に生まれたのは1989年7月。彼は誕生前から父の歌を聴いて育ってきた。

「胎教にと、豊さんが奥さんのお腹に向かって歌っていたんです。『I LOVE YOU』を聴かせると、お腹の中の裕哉くんはよく動いたそうです」(音楽関係者
引用:https://www.news-postseven.com/archives/20160722_431932.html/2

声が似ているどころか、生き写しとまで言われるのは生まれる前から尾崎豊さんの曲を聴いていたからかもしれませんね。

スポンサーリンク

【動画】尾崎雄哉が尾崎豊に似てる『僕が僕であるために』、『卒業』

次に、尾崎豊さんの名曲『僕が僕であるために』。

こちらはクラッシックバージョンということですが、本当声や表情がそっくりですね。

続いて名曲『卒業』の尾崎裕哉さんのカバーです。

違う歌でも尾崎豊さんの歌声そのままと感じます。

尾崎裕哉のオリジナル曲は?声は似てるの?

尾崎裕哉さんはシンガーソングライターとして活動をしているので、もちろんオリジナル曲も出しています。

2018年の4月25日に尾崎裕哉さんの公式YouTubeチャンネルに上げられた『始まりの街』は初めてのシングルとなっています。

初披露は、2016年9月に放送されたTBS系の音楽番組『音楽の日』でした。

この動画をご覧になった方はわかると思いますが、オリジナル曲でも尾崎豊さんの声にそっくりです。

また、この『始まりの街』には尾崎裕哉さんの両親に対する想いが詰まっています。

『始まりの街』にはこんな歌詞があります。

僕は幸せさ

これまでもこれからも

〜中略〜

いつでも幸せさ

あなたがいるから

遠い空から見守っているきっと

尾崎豊さんは息子の尾崎裕哉さんの生後間も無く、女性問題が発覚しました。

内容は女優斉藤由貴さんとの不倫であり、鎌倉や小樽などで目撃されてしまったのです。

その直後の1992年4月25日に尾崎豊さんが傷だらけで民家の軒先で朝5時に発見され、病院に搬送されたものの26歳という若さで亡くなりました。

『妻繁美との不仲が原因か』とも報道され、自宅には悪戯の電話や“子供誘拐”の脅迫文も届いたりしたんですね。

奥さんとの不和が原因とも報道され、尾崎家には嫌がらせの電話が殺到しました。“子供を誘拐する”という脅迫まであったそうです。
引用:https://www.news-postseven.com/archives/20160722_431932.html/2

そんなことから尾崎裕哉さんと母親の繁美さんはニューヨークで暮らすようになったのです。

両親の想いを悟った尾崎裕哉さんは、『僕は幸せさ』というメッセージを込めて『始まりの街』を最初にリリースしました。

オリジナル曲なのに父親の尾崎豊さんに声がそっくりなのは、このような想いが乗っているからかもしれませんね。

スポンサーリンク

尾崎裕哉のプロフィール

 

尾崎裕哉のプロフィール

本名:尾崎裕哉

生年月日:1989年7月24日

出身大学:慶應義塾大学

先述の説明にもあったとおり、嫌がらせを逃れるために尾崎裕哉さんは幼少期からニューヨークで育ちました。

ニューヨークでは母親の繁美さんは父親の存在を伝えていませんでした。

しかし小学校のある時、父親尾崎豊さんの存在を知り曲を全て聴き、中学校に入ると繁美さんの前で歌を披露。

その歌声は当時から声が似てるどころか生写しのようだったといいます。

尾崎豊さんの父、つまり尾崎裕哉さんの祖父にも歌声を披露したことがあるのですが。

「似てるなんて話じゃない。豊が今、ここにいるのかと思いました。」

と語っています。

「19才の時、裕哉が実家に来たんです。その時に持ってきていたのは、豊の形見のギターでした。何か一曲歌ってくれとお願いしたら、彼は遺影の前で『十七歳の地図』を熱唱してくれたんです。似ているなんて話じゃない。豊が今、ここにいるのかと思いました」
引用:https://www.news-postseven.com/archives/20160722_431932.html/2

そして慶應大学在学中から音楽活動を本格的にスタートさせています。

芸能
スポンサーリンク
のだめカンタービレファンの小言

コメント